長距離バスの車内での過ごし方

長距離バスの車内の過ごし方は、私の場合は睡眠と食事と携帯でしょうか。

長距離バスの車内での過ごし方

長距離バスの車内の過ごし方は

長距離バスの車内の過ごし方は、私の場合は睡眠と食事と携帯でしょうか。長距離バスに友人と乗った場合は、おしゃべりの時間もあります。一人で乗る場合には、半分は睡眠の時間になります。バスで移動する場合には、前の日の睡眠時間が短くてもバスの中で時間がとれるので、仕事で遅くなって夜遅くなってしまっても気分は楽です。

薄手のひざかけと小さな首に止める枕を持って行くと、車内の睡眠時間が快適になります(少し荷物になってしまうのが、欠点ですが)。食事・おやつはパンやちょっとしたおかし、ペットボトルを1本持っていると、小腹がすいた時や水分が欲しい時に便利です。
食事は気分転換になるので、少し持っていると安心できると思います。
今の若者はスマホがあれば、ネットを閲覧して車内を過ごすことができるので、退屈になることもあまりないと思います。私の場合、携帯はガラケーの為、あまりネット検索することはありません。車内では普段はなんだか忙しくて、メールを送るのが億劫になっている友人にメールをうったり、貰っていたメールに返信したりする時間にあてています。時間に追われることなくメール作成できるので、長文メールなど普段は面倒になってしまうことをのんびりとできます。

Copyright (C)2017長距離バスの車内での過ごし方.All rights reserved.