長距離バスの車内での過ごし方

夜に東京を出発して私達がスヤスヤ眠っている間に、運転手さんが目的地まで運んでくれる便利な長距離バスが好きです。

長距離バスの車内での過ごし方

夜に東京を出発して私達がスヤスヤ眠っている間に

夜に東京を出発して私達がスヤスヤ眠っている間に、運転手さんが目的地まで運んでくれる便利な長距離バスが好きです。
夜に出発して朝方には現地に到着するという便利で格安な長距離バスを時々利用します。たいていサッカー観戦の際に大阪まで長距離バスに乗り、試合終了後、また夜に大阪を出発して東京に向かいます。
眠っている間に、翌朝現地に到着するということは、バスの中で睡眠をとるということなので、眠れる態勢を整えておく必要があるわけです。
バスではブランケットを貸してくれます。ただ各自で準備しておいた方が良いものがあります。それは、携帯用のスリッパです。
長距離バスに乗るということでラフな服装だとは思うのですが、バスの中では履いていた靴を脱いだ方がリラックスできるからです。
スリッパかロッカールームで履くロッカーソックスが良いでしょう。
女性の場合、長距離バスに乗るときは寝るだけなのでノーメイクで乗った方が良いのですが、その際、気になるのならマスクをするのがお勧めです。
長距離バスに乗るのにメイクをしていてもお風呂に入れないし、クレンジング等はバスの中だととても面倒なので、最初からノーメイクでマスクというスタイルが長距離バスの場合は自然だと思います。マスクをしていると、同じバスに乗っている人達に寝顔を見られる心配もないので、一石二鳥だと思います。

Copyright (C)2017長距離バスの車内での過ごし方.All rights reserved.