長距離バスの車内での過ごし方

最近では格安航空会社の登場により、夜行バスを使うことが少なくはなりました。

長距離バスの車内での過ごし方

最近では格安航空会社の登場により

最近では格安航空会社の登場により、夜行バスを使うことが少なくはなりました。

しかし、夜行バスにメリットがないわけではありません。夜行バスならば、眠って目が覚めればそこは目的地なのです。
また、街の中心部まで運んでくれるのは、格安航空会社にはない大きなメリットといえましょう。
そんな夜行バスですが、いかにして快適に過ごすかが非常に重要となります。夜行バスでは基本的に、何をするわけでもなくひたすら眠ることを心がけてはいます。快眠を実現させるためには、事前準備が欠かせません。
着ていた上着などを腰の辺りにおいてクッション代わりにします。空気枕をあらかじめ膨らませて、首の辺りをホールドしておきます。足元には荷物をおいて、少しでも足を高いところに置くようにすることで、足のむくみを取るようにしています。耳栓をしてアイマスクをすれば、快眠準備は完了です。
水を一口飲んで眠りにつけば、結構快眠が実現できます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017長距離バスの車内での過ごし方.All rights reserved.