長距離バスの車内での過ごし方

長距離バスでの移動は、安くて楽なので以前はよく利用していました。

長距離バスの車内での過ごし方

長距離バスでの移動は、安くて楽なので以前はよく利用していました

長距離バスでの移動は、安くて楽なので以前はよく利用していました。
小さいお子さんがいる場合には利用しづらいですが、単身や大人のグループでの移動にはもってこいです。
わたしが長距離バスを利用するときは、利用日の前日はほとんど一睡もしないで仕事や家事などをします。だから長距離バスに乗ったあとは、目的地に着くまで爆睡です。

なぜわざわざそんなことをするかというと、わたしがバス酔いするタイプだからです。
子供のころから遠足や旅行は大好きでしたが、どうしてもバスに酔ってしまうのがつらかったんです。
酔い止めの薬などを事前に飲んでおいても、いつのまにかふらふらしてしまいます。これまで吐くことはなかったけれど、それに近い危険な状態になってからは、バスでの長距離移動がさらに怖くなってしまいました。

大人になってからはそこまでひどくなることは少なくなりました。

でもやっぱり体調がすぐれなくなってしまうため、とにかくバスの中では目をつむってじっとしているのが一番。お気に入りのアイマスクを持って、前日の睡眠不足を利用して、ぐっすり熟睡して長距離バスの車内で過ごすのが定番です。
そのおかげで現地に着いたときにはバスに乗る前よりも元気でぴんぴんしています。

Copyright (C)2017長距離バスの車内での過ごし方.All rights reserved.