長距離バスの車内での過ごし方

正直なところ、長距離バスが苦手です。

長距離バスの車内での過ごし方

正直なところ、長距離バスが苦手です

正直なところ、長距離バスが苦手です。
なぜかというと、車酔いがひどいからです。
特に、バスで山道を走るような長距離バスでは完全に酔ってしまいます。気持ち悪くて気持ち悪くて、もう嫌だと思ってしまうほどです。

そんな私でも、長距離バスの車内で快適に過ごす方法があります。それはとにかくバスの中では熟睡してしまうことです。
だから、私は長距離バスに乗る前日はほとんど寝ないようにしています。そうすれば睡眠が不足しているので、バスの心地よい揺れですぐに眠くなってしまうのです。

寝てしまえば、長距離バスほど快適なものはありません。ほどよい揺れで本当に気持ちよく眠ることができるのです。
そのうえ、電車のように途中で乗り換えをする必要もないのです。
熟睡していればいつの間にか目的地に到着しているのです。

ただし、このように熟睡するためには、できるだけ座席を後ろに倒すことができるタイプのバスを選択することが大切です。
もし、直角の背もたれのまま寝なければならない場合には、乗車後に腰が痛くなることを覚悟しなければなりません。

おすすめ情報

Copyright (C)2017長距離バスの車内での過ごし方.All rights reserved.